アメリカは何でも郵便

大学卒業後に留学したアメリカでは、大切な物も何でも郵便で送ってくる傾向があります。

例えば、大切な書類です。
これも郵便物として送られてきて、ポストに入れられます。
日本人でグリーンカードなどを申請する方も多いでしょうが、その大切なグリーンカードも郵便で送られてきます。

しかし、アパートなどに賃貸で住む人は、以前住んでいた人たちの郵便が届くこともあります。
その郵便物は、ポストの上にそっと置いておくか「Outgoing mail」とうボックスがある場合には、そこに入れます。
本当に元住人にそれが届くかは不明ですが、常にこういうシステムをとっています。

では、アメリカの郵便システムはそんなに素晴らしいものなのでしょうか。
そうとは限らないです。
何度も郵便物(日本からの荷物を含め)を紛失されたという話は耳にしますし、アメリカは広いので、届くのに時間がかかります。
同じ州からの郵便であっても1週間程度かかることがあるのです。
ですが、アメリカでは郵便がよく利用されます。